高校1年で中退、米国通信制高校入学
その後、短期語学研修を経て、卒業
AO入試にて、日本の大学へ進学!

高校に進学したが、なんか合わない。ついつい足が遠のき、不登校に・・・そのようなケースは、決して珍しくありません。

自分のペースで学べる米国通信制高校に入学し、アルバイトやボランティア、短期留学や海外インターンなどを経験しながら勉強を進め、自分独自のハイスクールライフを謳歌している方が、増えてきています。

高校2年で中退後、米国通信制高校入学わずか2か月で卒業、16歳で渡米
現在19歳で、ワシントン大学3年生!

もともと英語が好きで、得意で、アメリカの大学を目指していたR君は、高校2年の1学期、高校を辞め、米国通信制高校に入学しました。

持ち前のまじめさとガッツで、わずか2か月で卒業し、秋からアメリカのカレッジ生となりました。現在は名門・ワシントン大学の3年生。まだ19歳です。

目標があり、夢があり、やる気もあれば、チャンスをつかむことができます。

高校留学の途中で帰国し、米国通信制高校入学
残りの単位を日本で取得し、卒業
現在日本の大学で勉強中!

コロナの影響で途中帰国を余儀なくされた生徒さんは、少なくありません。また、コロナに限らず、勉強についていけなかったり、金銭的な理由で帰国する生徒さんも。

途中で帰国したら、学歴は「中卒」のままで、進学の大きな障害となります。がんばって取得した単位を有効利用して、アメリカの高校を卒業しましょう。進路の選択肢が広がります。

高校3年生で中退、米国通信制高校入学
センター入試で日本の大学へ進学
(高卒認定未受験)

海外留学生と同じように、米国通信制高校を卒業し、センター入試に挑戦する場合、受験資格の有無を独立行政法人大学入試センターに履歴書と共に問い合わせる必要があります。

AJインターナショナルアカデミーの会員様で、今まで「センター入試の受験資格なし」と判断されたケースはありません。しかし、その判断は、あくまでも大学入試センターが個別に判断するものです。

日本の高校と米国通信制高校の二重在籍!
ダブルディグリー取得!
自信をもって、渡米!

現在アメリカの大学で哲学を勉強中!

英語を勉強しながら、英語で他教科を学びで今のうちに、アメリカの歴史や社会、政治、経済を勉強もできます。英語で他教科を学ぶことで、英語力も格段に伸びます。

日本の高校とアメリカの高校、二つの卒業証書は、大きな自信となることでしょう。

※米国通信制高校の難易度は、高卒認定レベルで、決して難しい内容ではありません

高校中退後、就職。
海外就労ビザ取得を目指すも、
「中卒」の壁にぶつかり、
32歳で米国通信制高校入学。
現在働きながら勉強中!

英語を勉強しながら、英語で他教科を学びで今のうちに、アメリカの歴史や社会、政治、経済を勉強もできます。英語で他教科を学ぶことで、英語力も格段に伸びます。

日本の高校とアメリカの高校、二つの卒業証書は、大きな自信となることでしょう。

※米国通信制高校の難易度は、高卒認定レベルで、決して難しい内容ではありません

大学を卒業して約20年。
英語を勉強するついでに、
米国通信制高校入学した主婦。
英語で他教科を学ぶことの面白さを知り、
語学力も向上!

英語を勉強しながら、英語で他教科を学びで今のうちに、アメリカの歴史や社会、政治、経済を勉強もできます。英語で他教科を学ぶことで、英語力も格段に伸びます。

日本の高校とアメリカの高校、二つの卒業証書は、大きな自信となることでしょう。

※米国通信制高校の難易度は、高卒認定レベルで、決して難しい内容ではありません